本文へジャンプします。

現在位置: @nifty トップ  > 会員向けサービス  > Mail@nifty  > @niftyメール Q&A  > メールサービスカテゴリ  > iPhoneでIMAPの設定をしたい

メール アット・ニフティ Q&A メールサービスカテゴリ

iPhoneでIMAPの設定をしたい

以下の手順で設定をしてください。

nifty.com形式のメールアドレスを例としています。そのほかのメールアドレスでご利用の場合には、設定情報をご確認ください。

アカウント設定

メールアカウントの追加画面を表示します。

「設定」から「メール/連絡先/カレンダー」を選択し、「アカウント」にある「アカウントを追加...」をタップします。

アカウント情報を入力します。

「名前」にアカウント名、「アドレス」にメールアドレス、「パスワード」にパスワード、「説明」にアカウントに関する説明を入力します。「次へ」を選択すると「アカウントを検索中」と表示されます。

アカウント情報の入力

「新規アカウント」と表示されたら「IMAP」をタップします。

新規アカウント

サーバーの設定をします。

受信メールサーバの「ホスト名」に“imap.nifty.com”、「ユーザ名」にメールアドレスを入力、「パスワード」にパスワードを入力します。送信メールサーバの「ホスト名」に“smtp.nifty.com”を、「ユーザ名」に@nifty IDを、「パスワード」にパスワードを入力し「次へ」をタップします。

サーバーの設定

設定が開始されます。

途中で「SSLに接続されません」というダイアログが表示されます。この場合には、アカウントを「SSLなし」で設定するようタップして次に進んでください。

SSLでの接続については、複数回画面が表示されることがありますが、その都度、アカウントを「SSLなし」で設定するようにしてください。

メールの設定をします。

メールの項目を「オン」にし、「保存」をタップしてください。

メールの設定

詳細の設定をします。

「アカウント情報」の最下部にある「詳細」をタップします。「認証」をタップします。

詳細

「パスワード」を選択し、前の画面に戻ります。

「SSLを使用」をオフ、「IMAPパス接頭辞」にINBOX、「サーバポート」に143を入力します。

詳細

上記の設定完了後、「アプリ一覧」から「メール」を選択し、フォルダーをすべて読み込んでください。

フォルダーの同期設定をします。

フォルダーを読み込んだ後、再度「アカウント情報」の「詳細」画面を表示します。「下書きメールボックス」をタップします。

詳細

「Draft」を選択し、前の画面に戻ります。

下書きメールボックス

同様に「送信済メールボックス」に「Sent」、「削除済メールボックス」に「Trash」を選択します。

詳細

「アカウント情報」に戻り、「完了」をタップします。

設定内容の確認をします。

「アプリ一覧」から「メール」を選択し、設定したアカウントをタップします。

メールボックス

同期したフォルダーが表示されていれば、設定は完了です。

このページの先頭へ戻る